TOPへ戻る

顎関節症

長引く痛みを解決

顎関節症の主な症状

 

顎関節症とは、あごの関節を原因とした様々な症状を引き起こす病気です。

1.あごが痛む
2.口を大きく開けられない
3.あごを動かすと音が鳴る
4.かみ合わせが悪い

また、これらの影響であごを支える筋肉のバランスが崩れると、頭痛、首の痛み、肩こり、腰痛など全身にも影響が及ぶことがあります。

 

どうして顎関節症になるの?

顎関節症の原因は、かみ合わせの異常、普段の癖、けが(外傷)、ストレスなどが原因と言われています。
下あごは上図のように、頭蓋骨のくぼみにはまっています。あごがスムーズに動くように、このくぼみには「関節円板」という柔らかい軟骨があり、あごと一緒に動いたり、襲撃を吸収したりします。その「関節円板」に直接的な負担がかかったり、あるいは周辺の筋肉が緊張するとあごがスムーズに動かなくなります。
これが様々な症状を引き起こします。

顎関節症の治療法は?

基本的にはあご安静にし、大きな口を開けたりするのを控えるようにします。痛みを伴う場合には、抗炎症剤による対症療法や症状が続くような場合にはマウスピースいよってあごの負担を軽減していきます。重度のケースでは重度のケースでは手術を行うこともありますが、基本的には大きな問題になることはそれほどありません。