TOPへ戻る

ホワイトニング

白い歯が作る素敵な笑顔を

ホームホワイトニングの特徴

当院では、ホームホワイトニングを行っています。
歯型をとり、マウスピースを作製し、その中にホワイトニングのジェルを入れて、ご自宅でホワイトニングを行います。

手間や時間がかかりますが、歯科医院で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)よりも白さが持続します。

ホームホワイトニング流れ

① まず型を撮らせて頂きます。
② 次回来院時にトレーをお渡しします。
③ シリンジからホワイトニングジェルを必要な分だけトレーに出して装着、その後2時間お待ち頂きます。
④ 一回2時間を2週間程度続けて頂くと効果が実感できると思います。
⑤ より白さを求める方は歯科医師と相談しながら使用を続けていきます。

使用方法

1日1回、2時間を目安にしてください。
1度で白くなるものではなく、毎日行うこどで少しずつ歯を白くしていきます。最低でも2週間程度続けることをおすすめします。

歯の白さを保つためにも、定期的な歯のクリーニングをしましょう!

注意事項

 

むし歯、歯周病との関係

一般的には、むし歯がある場合、先に治療をしてからホワイトニングを行います。
また著しく歯周病が進行している場合など、ホワイトニングができない場合もあるので、歯科医師の診察が必要です。

色の後戻りについて

ホワイトニングをした後は、少しずつ色が元に戻っていきます。そのスピードは個人差がありますので、気になったら定期的にホワイトニングをすることをおすすめします。

かぶせものは白くなりません

むし歯などにより、かぶせものをしている場合、その部分はホワイトニングをしても白くはなりません。特に前歯をホワイトニングする際には、天然の歯だけが白くなりますので、注意が必要です。

個人差があります

ホワイトニングはどんな人でも同じように白くなるわけではありません。歯の色の種類によっては思ったほど白くならない場合もあります。ただ、実際に施術をしてみないと判断できない場合もありますので、まずはご相談ください。

知覚過敏

ホワイトニングは施術後に「知覚過敏」となり歯がしみる場合があります。ホワイトニングの種類が歯の状態によって度合が異なります。知覚過敏の症状が著しい場合は一旦ホワイトニングを中止しましょう。

 

ガムブリーチング流れ

① 歯ぐきの色を事前に調査してガムブリーチングが可能かどうかを診断します。
② 薬剤を歯ぐきに塗ります。
③ 薬剤を塗った部分の歯ぐきが白く変化します。その後1週間程度経つと白部分は剥がれ、ピンク色の歯ぐきに変わります。
④ 処置後、まだ黒ずみが残る方は2回目も検討します。
※ 処置後2〜3日は白くなった歯ぐきが目立ちます。